Home » 記事一覧
PONOブログ

‘健康’

意識

   2019年12月17日

 

腕を上に伸ばしたときと、 棚の上のものを取ろうとするとき、似たような動きでも、両者の間には大きな違いがあります。
その違いはどこから来るのでしょうか。

運動学では、脳からの命令が神経を通って筋に伝わり、運動が起こるとされています。
けれども、私達はそうしたことを一つ一つ認識して動作を行なっているわけではありません。
座る姿勢をキープするのも、立ちあがるのも歩くのも、意識が先に動き、そこに動作が付いていきます。

身体を自由に動かせるようにすることと、意識の働きを高めていくことは一致します。
身体の内外に意識を広げるためには、呼吸が重要な役割を果たします。
風それ自体は目に見えませんが、吹き抜けるときの音や草木が揺れる様子や肌に触れた感触が残り、確かに通り過ぎたことが分かります。
それと同じように、お腹に吸い込んだ空気は、呼吸の広がりと共に指先や足先まで通っていきます。
単に腕を持ち上げたときと、息を吸いながら腕を上げたときを比べてみましょう。
呼吸に合わせて指の先まで伸ばすように意識すると、違いがもっと大きくなります。
同じように見える動きも、意識や呼吸が通っているかどうかで全くの別物になりますね。

関連記事
目に見えないもの その1
私が合気の稽古で体験したことを、同じようなテーマで書いています。


  comment(0)
 

 

緊張と弛緩

   2019年12月11日

 

私達の身体は、いつも緊張と弛緩を繰り返しています。
息を吸うと力が満ちて張りが生まれ、吐くと弛んでいきます。
身体に深く呼吸が入るほど、大きな脱力が得られ、それが次の呼吸に繋がっていきます。

けれども、日々の活動で、緊張することがメインになってしまうことがよくあります。
忙しく身体を動かしていたり、休む暇もなく頭を使っていたりすると、心身が弛む間もありません。
呼吸との間のズレは、一日や一週間や一ヶ月といった長いスパンで見たときのリズムに反映されます。
弛緩よりも緊張の割合が高くなると、いつしか緊張している状態が当たり前になってしまいます。

動作を呼吸に合わせることは、身体が安らぐ時間を作ってくれます。
お茶を飲むときに湯呑みを持ったり置いたり、歩くとき脚を上げたり下ろしたりする間にも、緊張と弛緩があります。
そうした何気ない動作を呼吸に合わせてゆっくりと行なってみることで、いつもよりも力が抜けたり丁寧に動けたりします。

呼吸に目を向けながら、弛める時間を大切に過ごしていきたいものです。


  comment(0)
 

 

温度

   2019年12月06日

 

今年もインフルエンザが流行し始めているようです。
熱が上がる前には寒気が起こります。
身体は免疫力を高めるために体温を上げようとするため、脳が設定した温度と実際の体温との間に差が生じます。
そのため、 暖かい布団をかぶっていても 、寒いように感じます。
そんなとき、お風呂で熱さを感じるまでお湯の温度を上げて感覚が一致すると、早く経過します。

温度の感覚は、肌で感じる以外にも様々な要素が影響しています。
外から暖めてもなかなか手足が温まらないこともあれば、寒い場所に居るのにポカポカしていることもあります。
体温は身体の内から起こり、先まで意識が行き届いているとき、全身に行き渡ります。
意識が薄いところがあったり、精神的に緊張したときにも、冷えが起こります。
口にする物、目にする色、鼻から入る香りによっても変化します。
熱や冷えを基準に生活を見直しても、色々な発見がありますね。



  comment(0)
 

 

スタイル

   2019年11月27日

 

施術を受けて頂いて身体のバランスが整うと、ズボンが緩くなったと言われる方もおられます。
ウエストのサイズに関係するのは、お腹周りの脂肪だけではありません。
身体の中では、呼吸に合わせて、骨盤や肋骨は形を変えています。
骨格のバランスが姿勢として表れ、体型に影響しています。

肋骨に手を当ててみて、息を吸ったとき、肋骨はどのように動いているかチェックしてみましょう。
広がっているでしょうか、締まっているでしょうか。
さらに、一つ実験をしてみます。
肋骨を広げながら息を吸うのと、締めながら吸うのとでは、どちらの方が呼吸が入りやすいでしょうか?
実は、両方とも呼吸は通りにくくなります。
肋骨を意図的に動かそうとすると、表層の筋が緊張して呼吸は妨げられます。
呼吸筋は骨盤や肋骨の内側の深い場所にあります。
深く呼吸が通るとき、骨盤や肋骨は自然に引き締まったり弛んだりします。
大切なのは、締めることも広げることも、どちらも自由に出来るようしておくことです。
深い呼吸は、内臓の働きを高め、代謝も向上させます。
身体のバランスを整え、内側から美しいスタイルを目指しましょう。


寒天好きの隠し通路
進入シャイン
東洋医学の視点を交えながら、姿勢について書いた記事です。
興味を持たれた方は、こちらもお読みください。




  comment(0)
 

 

楽器

   2019年11月22日

 

身体を真横から見てみると、バランスには法則性があります。
足部は踵が丸く、膝は前が丸く、股関節は後ろ側のお尻が丸くなります。
背骨は、腰で前に、背中で後ろに、首で前にカーブします。
全体として、ゆるやかな波を描きながら、頭に近付くのに連れて振れ幅が小さくなって行きます。
それは、呼吸の通りそのものです。

深く息を吸ったり吐いたりするとき、その流れが単調な直線ではないことに気付きます。
波のようなリズムや抑揚があり、それが細く小さくなって収束していきます。
楽器の形が演奏したときの音を表すように、身体のバランスが呼吸の通りを示します。
自然なバランスにあるとき、最も心地良く息が通り、それは動きや気持ちにも反映されます。


寒天好きの隠し通路
多岐昇り
呼吸の通り道について以前に書いた記事です。
もっと読んでみたい!という方はどうぞ。


  comment(0)
 

 

掃除機

   2019年11月18日

 

日常生活で不自由な動作を尋ねると、掃除機や洗い物など前屈みの姿勢が辛いという方が多くおられます。
掃除機のノズルは、腕だけで無く、肩でも、背中でも、腰でも、脚でも動かせます。
問題は、どれが正しいか間違っているかでは無く、知らない間に発想が固定してしまうことにあります。
発想が固まると、身体の動きがパターン化されて、同じ場所ばかりに負担が掛かります。

腕が疲れるときや腰が重たいとき、動いていない場所はどこか、動作をしながら全身に気を配ります。
そして、そこが動くように姿勢を変えて、もっと楽に動ける方法が無いか試してみます。
歩いているとき、腕を振ろうとしなくても自然に腕が揺れます。
これは、四つ足の動物と同じように、人間も腕と脚の動きが体幹を通して連動するために起こります。
どこも止めるところが無ければ、全身は協調して動きます。
これは、どのような動作にも当てはまります。
自由に伸び伸びと動けると、きっと身体を動かすのが楽しくなります。


  comment(0)
 

 

成長

   2019年11月13日

 

子供の体の成長を見ていると、その早さに驚かされます。
今まで届かなかった高さまで手が届くようになり、着れなかった服が着れるようになります。
日々、成長して変化しながら、どの時点においても不完全な時はありません。
何も付け加えなくても、元気に育つために必要な力は備わっています。
先に形が決まっているのではなく、身体の要求に応じてバランスが変わっていくのでしょう。

いつの間にか髪の毛や爪が伸びているように、大人になっても、気付かないほど緩やかに変化は続いています。
毎日の積み重ねによって、良くも悪くも身体は変わっていきます。
いくつになっても、その時のベストなバランスを取れているのが健康なのではないかと思います。


寒天好きの隠し通路
興味心身
二年ほど前に、子供の成長を見て書いた記事です。
長男もずいぶん成長しました。


  comment(0)
 

 

眠気

   2019年11月09日

 

眠れなくて困る人もいれば、眠くなると困る状況もあります。

眠気が高まってくると、まぶたが重くなり、視界がぼんやりして、集中力が散漫になります。

そんなとき、その逆に向かう方向へ目の使い方を意図的に変えて、脳に働き掛けることも出来ます。

姿勢を正して、まぶたを上げ、黒目の輪郭がはっきりするように、離れた点にしばらく視点を集中します。

そのテンションをキープしたまま物事に取り組んでいると、いつの間にか眠気が消えたりします。

それでも眠くて仕方ないときは…素直に休んだ方が良いですね。

関連記事
『あくびをこらえる』 その2
あくびが出そうなときは、こちらもお試しください。



  comment(0)
 

 

睡眠薬

   2019年11月05日

 

70代後半の女性のお客様です。
夜になかなか眠れないため、二十年以上も前から睡眠薬を服用されていました。
最近、薬の量を増やしても寝付けなくなり、どうせ眠れないなら同じだと思って睡眠薬の服用を止められました。
すると、数日は寝られない日が続いたようですが、その後は全く薬を飲まなくても自然に眠れるようになったそうです。
おまけに、悩んでいた 頭のふらつき や 口の渇き といった症状まで改善してきたと喜んでおられました。
そして、今まで何のために睡眠薬を飲んでいたのだろうとも言っておられました。

血圧を下げる薬など、他にも同じような例を聞くことがあります。
不調に対して治療を足すばかりではなく、余分になっているものを引くという考えも、時には大切ですね。

寒天好きの隠し通路
眠肝心
「睡眠」をテーマに書いた記事です。
まだ眠くなければ、こちらもどうぞ。


  comment(0)
 

 

   2019年11月01日

 

生活の中で呼吸を観察していると、吸って・吐いての単純な繰り返しでは無いことに気付きます。
息を吸うときには身体に風が吹き込み、吐くと通り抜けて行きます。
それに合わせて身体に活力が満ちたり、弛んでいったりします。
体調や感情が揺れ動いているときには、荒れ模様になります。
緊張が強いと、完全に風が止まってしまっている場合もあります。

吸気と呼気の間には、凪(なぎ)の時間があり、穏やかに風がたなびいています。
動作に合わせて、状況に合わせて、息を吸うことも吐くことも出来ます。
細かい作業をしているとき、呼吸の振れ幅が小さくなるのは、鼻息で紙切れを飛ばさないための配慮だけではありません。
大きく息を吸っているときや吐いているとき、風は一方向に吹き、細かいコントロールが難しくなります。
息を吸って身体の帆を張り、凪いだ海に出るとき、最も集中力が高まり、自由度が増します。
呼吸の多様性を広げることは、きっと日々の活動を後押ししてくれます。

寒天好きの隠し通路
息昇沈
私が呼吸に伴う体感をまとめた記事です。
小難しい内容になっていますが、関心を持たれた方はお読みください。



  comment(0)
 

 

Copyright(c) 2019 Active Body Therapy PONO All Rights Reserved.