Home » 記事一覧
PONOブログ

‘合気’

重さと感覚 その2

   2019年07月13日

 

合気では、自分の状態を相手に反映させて技を掛けます。
下から上に浮き上がっていく変化が伝わると、相手の身体が軽くなって浮きます。
投げたボールが頂点で落下していくように、自分の重みを落とすことで、落差を付けて相手のバランスを崩します。
そうした重心のコントロールには、呼吸が重要な役割を果たします。
息を吸うと浮いて軽くなり、吐くと沈んで重くなります。
呼吸に伴う浮き沈みを自由に伝えるためには、余分な力を抜く必要があります。
バランスの崩れや身体の緊張によって、呼吸に伴う浮きが止まったり、重力による落下が妨げられたりします。
浮かすことも落とすことも自在に出来る身体を目指して、合気の稽古をしています。

現代は、感覚は曖昧で当てにならない、数値化できるものが正確だ、という風潮があります。
けれども、一日を振り返ってみると、どれだけ私たちが数値化できない根拠を元に動いているかが分かります。
気分や好み、雰囲気や印象といった人それぞれの基準が、行動を決める上で大きなウェイトを占めています。
数字という概念自体が、人間が頭で作り出したものだということを考えれば、当たり前の話とも言えます。
きっと、数値として表される事物は現実のごく一部で、その向こう側には感覚でしか捉えられない世界が広がっているのでしょう。

体重計の数字も気になりますが、もっと大切なのは、自分の身体をどう感じているかだと思います。
自分の感覚を拠り所に、より楽に心地良く過ごせる方向を辿れば、自然に健康へ向かっていくものと考えます。
お客様から受け取る感覚を大事にしながら、施術に向き合っていきたいと思います。




  comment(0)
 

 

重さと感覚 その1

   2019年07月11日

 

合気の稽古では、色々と固定概念が変わる体験をします。
相手の身体に後ろから腕を回して抱え上げた所から、崩される技があります。
合気が掛かると、相手の身体が急に重くなったようで支えられなくなり、自分だけが転んでしまいます。
腕を掴まれていて、相手を重く感じ全く動かせないときもあれば、軽く動いただけで投げられるときもあります。
正座していて、相手に突かれて簡単に転んでしまうこともあれば、力一杯押されても安定した心持ちでいられるときもあります。

一瞬の間に体重は変わらないので、それらは数値化できる重さではなく、性質としての重さと言えます。
私たちは、そうした現象を、知らず知らずの内に体験しています。
抱っこしている赤ちゃんが眠りにつくと、重くなったように感じることがあります。
気持ちが落ち込んでいるときは体が重くなり、楽しいことをしているときは軽く感じます。
それらは決して気のせいではありません。
施術で腕や脚を持ち上げてみて、左右どちらかを重く感じるとき、多くは御本人の実感と一致します。
重さだけではなく、堅い・柔らかい、熱い・冷たい、暗い・明るい、といった感覚も同様です。
自分がどう感じるかは主観ですが、それは相手と共有できる客観性も持ち合わせています。



  comment(0)
 

 

中心とは その3

   2019年07月04日

 

理にかなった動作は、合気の技を掛けるときだけでなく、日常においても共通します。
施術の際は、そうした使い方を元に生活でのアドバイスさせて頂いています。

生まれ持った身体も歩んできた人生も違えば、当然、身体の使い方も違います。 自分が何年も掛けて出来るようになったことが、他の誰かにとっては当たり前の場合もあります。
反対に、自分が自然に出来ていることが、他の誰かにとってはとても困難な場合もあります。
少なくとも、何の偏りもなく、ずっと自然体のまま生きている人はいないのだと思います。

私たちは成長と共に周りの人達や環境から影響を受け、様々な知識や癖を身に付けていきます。
何らかの目的に向かって進んでいくとき、自分自身を見直す切っ掛けが生まれ、それらを取捨選択していく作業が必要になります。
そうして自分の偏りを中央に寄せていく中で、中心が出来てくるのだと思います。
その過程では、それまでに経験したどんなことも、決して無駄にはならないことを感じます。
余分な体験が多いほど、自分がどちらに傾いているかを判別する手掛かりが増えます。

それは、自分だけの為に作られたパズルのようなものかも知れません。
今までの人生の全てが関わって、そのパズルが形作られます。
誰かの解答を見ることは、解く道筋の参考になっても、自分の答えは自分で探すしかないのだと思います。
パズルを解いていく過程は、それ自体が喜びに満ちたものです。
そうした喜びに気付いてもらえるような施術を目指していきたいと思っています。


  comment(0)
 

 

中心とは その2

   2019年06月21日

 

私達は、一人で完結しているわけではなく、常に外界や他者との関わり合いの中で生きています。
合気の稽古を通して、いかに他者とぶつからずに関わるかを学びます。
相手に手首を押さえられると手首に、腕を掴まれると腕に、力が入ってしまうことを自覚します。
そして、力で対抗しようとしてもどうしようもない状況を体験し、力を抜くことの大切さを知ります。
相手と接している場所で直接戦わなくても、動ける場所はたくさんあることに気付きます。
身体の表層を押さえ付けられたとしても、深層は自由に動かすことが出来ます。
自分の内面に意識を向け、今まで使えていなかった場所を発見していきます。
そして、余分な動きを減らしていくことで、次第に動作の幅が細くなっていきます。
脚の内側や骨盤の隙間や体幹の中央を力が通り、中心の動きが指先まで伝わります。

相手に触れたり、道具を持ったりすると、自分のバランスも変わり、全体としての中心が生まれます。
いくら動かそうとしても動かなかったものが、自分を通り道として両者の中心から動かせると、驚くほど楽に相手を転ばせられることを体験します。
相手や状況がどのように変わっても、中心をもって対応できる身体を創っていくために、稽古に参加しています。

そうした中心の感覚や身体の繋がりは、自得していくしか無いことを実感します。
稽古では毎回、注目する切り口や用いる道具が異なり、視点を変えながら取り組みます。
技を掛けているとき、力が入って固まっている場所や、意識が薄く働いていない場所に、手を加えてくださいます。
そうした様々な観点は、原理から派生して結果的に生まれるのであって、身体のベースは自分以外の誰にも創ることは出来ません。
自分が体感して初めて、師匠が、体験として、言葉として、文章として、錬功法として、あらゆる方法をもって伝えてくださっていたことに気付きます。




  comment(0)
 

 

中心とは その1

   2019年06月19日

 

どんな形状のものにも、バランスが取れる中心が一点あります。
ボールのような単純な形だと中心のイメージがしやすいですが、身体のように複雑な構造にも、それは当てはまります。
皮膚や筋や骨や内臓といった様々な組織を、形や重さや固さなど異なる性質を、全部含めたバランスです。
身体は、骨や筋で支えているのではなく、中心の動きに全体が自由に付いていく状態にあって初めて、釣り合いが取れます。

けれども、私達は日々の生活の中で、そうした釣り合いとは無関係な行動を積み重ね、身体をあちこち固めてしまっています。
その結果、身体の中心が、本来の位置からずれてしまいます。
「バランスを整える」ということは、現状の中心を本来の中心に一致させることだと考えます。
バランスの中心とは、体の釣り合いだけを指すのではなく、心の中心、呼吸の中心といった意味合いも含みます。

センタリング呼吸法』は、前後・左右・上下の振れ幅を中央に寄せていくことで、中心に近付けていきます。
心身の緊張が弛んで自然の流れに逆らわずに導かれていくとき、バランスは中心に納まっていきます。
それは、固定した一点ではなく、心身の移ろいや呼吸の行き来と共に、緊張したり弛緩したり、広がったり集まったり、変化し続けています。


  comment(0)
 

 

稽古メモ その7

   2019年05月02日

 

私は毎週、合気の稽古に参加し、覚書を残しています。
今年書き残したメモの中から、特に骨盤と関係の深そうなものをピックアップしてご紹介します。

【骨盤】

脚の向きや幅、骨盤の角度など条件を変えながら、四肢から丹田に集まってくる流れを集約できる前提を検証する

下肢内側から臀筋間、仙腸関節、第五腰椎、季肋部、肋骨、頚部へと、呼吸で丁寧に繋げながら指先まで伝達する

身体を捩らずに左右の仙腸関節で引きと攻めをすることで、脚を後方に引きながら、対側の拳で前を突く連動が起こる

骨盤を締めたまま、さらに恥骨や坐骨を寄せることで、内圧を高めて細い幅で動く

恥骨を寄せながら中央に骨盤を寄せて、左右の骨盤の輪の中をきっちり力が通っていくように廻す

腸骨稜の丸みを歯車として嚙み合わせるように吸い込み、逆回転させることで相手の内側に入り込んで浮かす

中央での吸い上げを反映させて相手を浮かせ、骨盤の動きによって下から潜り込んで背骨を立てていくことで離陸する

呼吸で仙骨と後頭骨を繋げて張力を溜め、仙腸関節の幅で焦点を合わせて力を放つ

吸い込んだ負荷や返っていく起点や方向の切り替えを外に逃がさずに、骨盤の内部で処理する

骨盤内の圧力を呼吸で操作して、溜めからの転換によって起きる力を全身に伝えることで動きを導く

骨盤を回旋せずに、左右の薄筋の張力をグラデーションのように移し替え、前後に重心移動する

骨盤の傾きが脊柱を上り、糸の張りが手に伝わるまで待って、バランスで刀を浮かす

吸い上げと共に骨盤や肋骨を下から締めて、中を細くしながら刀を上げていく

第五腰椎を決めて息を吸うと腰のカーブに合わせて反りが生まれ、その刃筋のまま仙腸関節の動きで斬る

仙腸関節の切り替えで刀の角度をコントロールして、相手の首筋を通るラインへ捻り込む

腸骨と対側の肩甲骨の関係性を維持しながら袈裟に構え、上げるときも下ろすときも骨盤で先導するように動く

骨盤の前後左右の複合した動きを、膝と肘のバランスに反映させて、常に丹田で主導しながら刀を振る

鼠径部が深まる方向へ骨盤を傾け、背部の脱力や肩甲骨の落下と繋げて刀を下ろす

骨盤の内部で相手の中心に伝わる角度に刃筋を合わせたら、落下するバランスのまま鼠径部の隙間に落とすように斬る





  comment(0)
 

 

呼吸と動作 その4

   2019年04月11日

 

膝の痛みを抱え、変形性膝関節症と言われている方も多くおられます。
原因として、加齢によって半月板がすり減った、体重の増加によって関節に負担が掛かったという説明をよく聞きます。
実際に、レントゲン上でも、関節の隙間が狭まったり、関節が変形して大きくなっていることは多くありますが、それは結果であって原因ではありません。

膝の痛みによって、立ち上がる時や、階段の昇り降りをする時がつらいと言われることがあります。
動作を見せて頂くと、下腿部を止めたまま、膝関節を支点として上半身を持ち上げようとする使い方をされているケースを目にします。


それでは、上半身を移すために膝や太腿ばかりが頑張らなければなりません。
視点を変えると、膝関節がそうした身体の使い方に適応するために、関節の形を変えているという見方も出来ます。
骨が変形する過程では炎症が起こり、当然、痛みを伴います。
筋力で補おうと太腿のトレーニングをすると、原因が改善されないばかりか、症状を助長する恐れもあります。
本当に必要なのは、膝が膝としての役割を果たせるように、全体の中で使い方から見直すことです。
呼吸、重心移動、脚の向き、骨盤や背骨の角度、頭の位置、目線など、協力してくれる場所が増えるほど、膝の負担は減り、本来の働きを取り戻します。
そして、そうして得た感覚は、日常のあらゆる動作に関連し、自らを健康に導く上で役立ちます。

身体はいつも、自分の日々の活動や内から起こる要求に応えてくれています。
誰もが健康でありたいと望んでいるのに必ずしもそうならないのは、本来の身体の持つ機能と実際の身体の使い方の間のズレが一つの要因として考えられます。
そうした隙間を埋められるよう、合気を通して学んだ呼吸と動作を元にアドバイスさせて頂いています。


  comment(0)
 

 

呼吸と動作 その3

   2019年04月09日

 

合気の稽古に参加する度に新たな発見があり、それぞれの部位の形やバランスが持つ意味に気付かされます。
骨格や経絡を知識として学んでいるときには思いも寄りませんでしたが、 身体を観察していると「それでこういう構造なのか」「こう繋がっていたのか」といった驚きや喜びでいっぱいです。
全身が呼吸で連動したときには、全体が目的に向かって協力して動き、無駄なところは一つもありません。

そうした全身の連動は、合気のみならず、日常の動作においてもとても大切であることを感じています。
身体にとって必要とされている場所は活発になり、必要とされている能力は高まります。
それは、スポーツや芸能、あるいは学問を突き詰めて取り組んでおられる方々を見ればよく分かります。
反対に、使っていない場所や使っていない能力は、その機能が衰えます。
例えば、猫背の姿勢になっている方は、日常生活で背骨を丸めることが多く、反らせることが少ない傾向が見られます。
ただし、単純に背筋を鍛えたり、背中を反らせる体操をすれば良いというものでもありません。
背骨はたくさんの脊椎が連なって構成されていますが、どの高さを中心に動かしているかは個人差があります。
身体の一部を度を過ぎて使うと、活発を通り越して痛めることになります。
痛みや不調は、そのことに気付かせてくれる身体からのサインでもあります。
背骨全体を柔らかく動かすためには、骨盤や脚、肩甲骨や腕、そして頭というように、直接・間接に繋がっている全ての場所が関係します。
つまり、どこか働きを改善しようと思えば、身体の全体の連動の中でみていくことが必要になります。


  comment(0)
 

 

呼吸と動作 その2

   2019年04月06日

 

呼吸の上昇と共に骨盤の傾きが変わり、中を上がっていく力によって脊柱が伸びて、頭部を浮かせられます。
頭部の高さを保ちながら背中や腰の力を抜くことで、下から支えるのではなく上から吊るし、呼吸の風や内圧の変化で自由に動けるようにします。
軸を伸ばしたまま弛めることで、関節同士を連結させて力を溜めながら、臨界でひるがえる時に鞭のしなやかさを持たせます。
バネを圧縮するほうがピンボールの玉が勢いよく弾き出されるように、身体の持つ張力が高まるほど、解放される力は大きくなります。

仙腸関節の動きと連動して脊柱から肋骨へと力が伝わり、さらに肩甲骨から上肢へと伝達されます。
下から肋骨が締まっていくと腕が上に上がり、肋骨の中を通るとカーブに沿うように腕が伸びます。
一本づつの肋骨の高さや形によって方向性が生まれ、それが肘をコーナーとして向きを変えて手の行き先が導かれます。
体幹の内部のどの経路を通すかによって腕のラインや到達する指も変化し、多彩な動きが実現できます。

合気の技では、脱力しながら相手の呼吸を吸い込むことで息を吸い、自分の呼吸を相手に吹き込むように息を吐いて働き掛けます。
お互いの関係性によって息の入り方が変わり、それに応じて吸い上げられる経路が生まれ、呼吸が続いていきます。
自己都合ではなく、相手に合わせた呼吸が自然に出来るような身体を目標として、稽古に取り組んでいます。


  comment(0)
 

 

呼吸と動作 その1

   2019年04月04日

 

合気の稽古では、いかに力を抜いたまま動けるかを意識して動作をしています。
最近の体感をまとめておこうと思います。

動力は、筋力では無く、呼吸によって起こります。
骨盤を立てて、骨盤腔と下腹部で形成される球形の空間に、呼吸を入れます。
実際に空気が入るわけではありませんが、体幹の深層の筋が骨盤を内側から締めると呼吸で外に膨らむ力と拮抗して、内圧が高まります。 
下方向には脚が伸びて足底の圧が高まり、上方向には骨盤をさらに丸める働きが起こります。
腸骨が傾くと仙骨がキーストーンとなり、骨盤と脊柱の連結を高め、腰が入ります。

全方位から均等に高められた圧は中心で上下への伸びに変わり、体幹の中央に細い通り道が出来ます。
下腹部の内圧が上下のどちらに向かうかは、横隔膜によってコントロールされます。
肋骨を締めながら息を吸い上げると、腹腔と胸腔の圧力の配分が変わります。
灯油を汲み上げるポンプのように、腹腔内圧の変化によって下肢の内側から上がってくる流れが体幹の中央に合流します。





  comment(0)
 

 

Copyright(c) 2019 Active Body Therapy PONO All Rights Reserved.