Home » お店情報 » 聞香の会 4回目
PONOブログ

   2017年08月03日 カテゴリー : お店情報 

 

先週はお休みさせていただいたので、一回空いての参加です。

今回は、Oリングテストをしてから、聞香スタートです。
ちなみに、薬指と小指が弱かったです。

前回は一番始めに聞かせて頂いたので、今回は最後から2番目。

聞く順番が変わると、香の変化も感じます。

今回も6種類の香を焚いていただきました。

まず、一香目。

少し離れた場所なのに、焚いた瞬間すごく香りがきました。

第1回目の時は2番目に座っていたのですが、香木を乗せた瞬間にはあんまり感じることは出来なかったんですが、今回は
結構しっかりきました。
自分が敏感になってきているな!という印象です。

2香目独特な香りで、

3香目はとっても頭がスッキリ!脳にズドンって感じ

4香目に伽羅

この辺で肋骨の締まりが出て、骨盤がしっかり立ってくるのを感じました。
シャープな感じの香りでした。

5香目でより吸う感じが深くなり

最後に伽羅(4番目よりもっといい物)

自分の感覚も鋭くなっているのか、何も意識しなくても、しっかり吸えるし聞くことができます。

終わりに再度Oリングテスト。しなくてもいいくらいに、ちゃんと手の内が寄っているのが感じられます。

手がしっかり決まるようになって、KMくんが鍼を取りだしたので、すかさず調整をお願いしました。
鍼の抜けて瞬間が、「ワ!!」って感じ(←言葉にならない感覚です)
スゴイ!!繊細でなおかつ抜けが早い。

K元さんの奥様のお腹の中の赤ちゃんは、今回は落ち着いていたそうです。
私達でもすぐにあくびが出てしまうくらいリラックスするんだから、敏感な赤ちゃんはもっとかな~♪

次回で聞香の会は最後でーす。


  comment(0)
 

   2017年08月01日 カテゴリー : 健康 

 

現代医学は科学をベースにして作られ、視覚化や数値化が出来ないものを蔑ろにしてしまっているように感じます。
しかし、身体を診ていく上で本当に大切なものは、そうした科学的に説明できない部分にこそ在るように思います。
どれほど精巧に、人体に似せたアンドロイドが造られたとしても、それは決して人間にはなり得ないように、生命は「形」ではなく、その背景にある「働き」があって初めて成り立つと考えているからです。
表面に表れている「形」だけを診て、薬や手術によってそれを変えてしまうことは、身体に備わった「働き」に悪影響を及ぼす場合もあります。

週に一回、鍼治療をさせて頂いたお客様で、三ヵ月ほどで足の指の関節の変形が改善した方がおられます。
関節を矯正するような施術は何もしていませんが、身体の内の「働き」が高まる方向に向かえば、自然に「形」も整うということを、お客様から学ばせて頂いています。
そして、その方の持つ身体の「働き」をより良い方向に導くには、自分の「働き」によってしか為すことは出来ないことを感じています。

これからも、身体を通して、自然の「働き」を見つめ続けていきたいと思います。


  comment(0)
 

   2017年07月30日 カテゴリー : 健康 

 

そうした働きは、手に限ったものではなく、身体のあらゆる場所に見られます。
例えば、眼は「ものを見る」という受動的な役目をする感覚器と考えられていますが、目に見えない情報が出入りする通り道でもあることを学びます。
肺は、「酸素と二酸化炭素のガス交換」という役割だけでなく、呼吸によって身体の様々な働きと深く関わっていることを体感します。
空気の出入りに伴って肺が膨らんだり縮んだりするのと同様の感覚で、呼吸で全身を満たしたり、一箇所に集めたり、目指す経路に通したり出来ることを知ります。
合気道の稽古の中で、そうした身体に備わった働きを存分に発揮できると、自分でも驚くほど大きな力が生まれることを体験します。

東洋医学の経絡には、「肺経」や「大腸経」といったように、内臓と同じ名前が付いています。
正確には、江戸時代に蘭学が伝わった際に、日本語には無かった個々の臓器の名前を、それ以前から使用されていた経絡から転用して翻訳したという歴史があります。
経絡の名前は本来、内臓そのものの「形」を意味するのではなく、その「働き」によって付けられています。
例えば、肺経に滞りがある場合でも、必ずしも肺の実質に問題があるという訳ではなく、関係の深い働きに偏りが生じていると考えられます。
その働きは、肉体のみならず、感情や意識や取り巻く環境など、当人に携わるあらゆる要素を含みます。
いずれかの経絡が滞っていると、円滑な活動を妨げる原因になり、それが様々な症状として現れます。


  comment(0)
 

   2017年07月27日 カテゴリー : お知らせ 

 

8月13日・14日は休業日とさせて頂きます。

それ以外の日は、通常通りの営業となります。

よろしくお願いします。


  comment(0)
 

   2017年07月27日 カテゴリー : 健康 

 

現代の科学は、客観的に証明できる研究や実験を積み重ねることで発展してきました。
けれども、科学的な視点を通して見ているのは、世界の一面ではないかと思うことがあります。
私は、合気道や呼吸法の稽古を通して、「形」としては目に見えないものに触れ、その大切さを感じています。
これから数回に分けて、それらの一端を紹介させて頂きたいと思います。

合気道には、相手に自分の手首より上を掴まれた状態で、相手を転ばせる技があります。
握られている自分の腕の力を抜いて、相手から受けた力を返すとき、手に空中を掴むような動きが起こります。
形の上で見ると、実際に相手と接触していない手の動きは関係ないように思えますが、それによって技が効くか否かが左右されます。
技を受ける側の立場では、自分が相手の腕を掴んでいるはずなのに、まるで相手に掴まれているかのような印象を抱きます。
つまり、掴むという行為の本質は、実際に手の中に掴もうとする対象を握っているかという「形」ではなく、その動作に至る「働き」にあると言えます。
稽古を通じて、いくら「形」だけ真似ても、「働き」が伴っていなければ全く力が伝わらないことを、たびたび経験します。


  comment(0)
 

   2017年06月29日 カテゴリー : 日記 

 

知人の家の庭の樹に、ウグイスが巣を作っていました。

中を覗いてみると、雛が四羽かえっており、口を開けて親の帰りを待っていました。

元気に巣立っていって欲しいものです。


  comment(0)
 

   2017年06月23日 カテゴリー : 子育て 

 

今日で息子も一歳になりました。

ずいぶん出来ることも増え、これからの成長が楽しみです。

写真は、シンギングボウルという楽器を叩いて遊んでいるところです。


  comment(0)
 

   2017年06月09日 カテゴリー : お店情報 

 

一昨日は、聞香の会2回目を開催しました。

今回はK元さんの奥様(現在妊娠7ヵ月)も参加してくださいました。
妊婦さんはどんな反応になるのかな?ドキドキ、わくわく。

PONOで開催する聞香は、体に聴く、効くという方法で行ってくださっていますので、今回は始めに姿勢チェックを取り入れてみました。

私は左重心で寄っており、右肩、腕に力が入り、左肋骨も落ちていて、ガタガタ状態。

さて、これがお香だけでどれだけ変化するのかな~楽しみです。

6つの香りを順番に試させてもらいました。

お香は聞く順番でも香りに変化があります。
今回は一番目だったので、一息目とその他がどう違うのかも楽しみです。。

1番目

香りがズドン!ときました。脳直撃。
威力半端ない。。。
香りの広がり具合が、最高!
一気に緩んできました。

4番目はとってもインパクトのある香りで、すっきり。新茶ッポイ感じ。

5番目はじわじわくる感じ。

何気に、「持ちやすくなってるな。。。」と感じてたら、
丁度、正面に座っている旦那から
「左の肋骨が上がって、左手がしっかり香炉をもてている」と指摘がありました。
スゴイ。そんな所まで見ていたなんて。
私は自分で精一杯(笑)

6香目は伽羅

それまでの香で全体が弛んで敏感になってたので、よりしっかり感じることができました。
意識せずに、ただ聞くだけで背中にしっかり呼吸がはいって、吐く時にしっかり肚に落ちる感じを体感。

これはすごい。
そして、前回よりはっきり体の反応が分かりました。

最後の姿勢チェック!をするまでもないくらい、変化がすごかったです。

特に、奥様の表情が弛んで、お腹もすっきりした印象に。聞香の途中で赤ちゃんが動いたようです。
赤ちゃんもリラックス~。
お母さんの体か弛み、いい姿勢になると、赤ちゃんも伸び伸びできますね♪

とても穏やかな時間でした。ありがとうございました。

N


  comment(0)
 

   2017年05月18日 カテゴリー : 健康 

 

60代の女性のお客様です。

腰部に痛みがあり、特に朝起きたときがつらいと言われていました。

背部が丸くなっており、壁に踵を付けて立って頂くと、頭部が壁から大きく離れていました。

仰向けで寝ると、腰の痛みが現れ、高めの枕を入れないと首が反って顎が上がった姿勢になっていました。

猫背になっていることは自覚されており、仕事で座っているときも背中を伸ばすように意識をしたり、家では腹筋や背筋を鍛えるトレーニングをされているとのことでした。

横向きで体幹の緊張を弛めた後、仰向けで背骨の下に半円の枕を入れて、呼吸をして頂いたり、腕や脚の力が抜けるように施術をさせて頂きました。

脱力によって腕が重みで下りてくると、肩甲骨が中央に寄って胸部も開き、頭部の着き方も変わってきました。

無理に背筋を伸ばそうとしなくても、余分な力が抜けると、背中が伸びていくことを実感して頂けたようでした。

最後に、座っている時の脚の着きかたや、呼吸でからだを伸ばす体操などをアドバイスさせて頂きました。

当店では、筋肉を縮めるばかりでなく、伸び伸びと働けるからだを創っていくお手伝いをさせて頂いています。


  comment(0)
 

   2017年05月06日 カテゴリー : 日記 

 

ゴールデンウィークは、暖かい日が続いています。

今年も、夙川公園には鯉のぼりが泳いでいました。

私の息子も初節句を迎え、元気に過ごしております。


  comment(0)
 

Copyright(c) 2017 Active Body Therapy PONO All Rights Reserved.