Home » 健康 » 合気の学び その3
PONOブログ

   2018年02月17日 カテゴリー : 健康 

 

合気道を通して学んだ体の使い方は、医療の世界においても大いに活かされることを実感しています。

例えば、現代医学の運動学では、筋を縮める働きによって、動作が起こるという原則があります。

そうした考え方を前提として、体の状態が判断され、マッサージや筋力トレーニングやストレッチといった治療が行われています。

けれども、患者さんが動作をする上での発想が変わらなければ、また同じ場所に負担を掛けたり、別の部位の痛みを引き起こすことになりかねません。

同じ動きの中で善し悪しを判断するのではなく、これしかないと思い込んでいる動作の発想を変えて可能性を広げていくほうが、患者さんの今後の生活にとって遥かに有用ではないかと思います。

合気の技では、体の力を抜くことによって動作が始まり、筋が伸びていくことで動きが続いていきます。

それは、力を入れて動作を行なう身体観とは全く別の発想で、そうした使い方もあり得るという観点は、身体を広い視野で診ていく上で重要ではないかと思います。

周りをよく見渡せば、古今東西で人体に関する深い洞察が行われ、様々な形で道標が遺されています。

そのような素晴らしい遺産が、教育や制度によって科学という枠に押し込められることで、覆い隠されてしまっているように感じます。

そうした枠に囚われず、合気を通して学ばせて頂いていることを、お客様の健康のために役立てていきたいと思います。

O


  comment(0)
 

   2018年02月14日 カテゴリー : 健康 

 

合気の技では、相手を別物ではなく、自分の一部として捉えます。

相手の都合を受け入れるように力を抜くことで、一体として息を吐き、両者が脱力した状態に近付けます。

自分の中心を保ちながら、全体のバランスを変えることで、結果として相手が伸び上がっていくと合気上げになります。

お互いが一致した状態になると、相手の滞っている場所を感じられます。

それは、合気の技では相手のバランスを崩す弱点となり、施術では相手を弛める手掛かりとなります。

相手は人に限ったものではなく、道具を用いた場合でも同様に伝わることを学びます。

剣術では刀を使って身を守り、鍼術では鍼を持って治療します。

道具も自分の一部として扱うことで、その特徴を活かして力を発揮することが出来ます。

心や体の緊張は、相手との間に壁を作り、境界を生み出す要因となります。

自分という最小単位で心身のバランスを取れなければ、相手を含めたより広い繋がりには対応できないことを実感しています。

合気の学びが、武術に留まらず、思想や哲学にも通じる深みを内包しているように感じるのは、生命の持つ根源的な働きに根差したものだからではないかと考えます。


  comment(0)
 

   2018年02月10日 カテゴリー : 健康 

 

合気の稽古をすることは、呼吸や動作の学びと同時に、発想を変えることであるように感じます。

合気道には、合気上げという技があります。

相手に両腕を押さえられた状態から、バランスを崩して転ばせます。

合気道を学び始めた頃は、肘を曲げたり、腕を上げたりというように、筋力で相手を動かそうとします。

けれども、相手の体重を腕の力で上げるのは無理だということに気付き、自分の身体に目を向けるようになります。

そして、呼吸の力を活かしたり、全身を協調して働かせることを学びます。

その過程で身体が変わる度に、身体観が変化していきます。

合気上げを掛ける側だけを主体として見ると、一方がもう一方を持ち上げているように見えます。

そうしたイメージの元、技を掛けようとすると、自分の力だけで相手を動かす必要があります。

自分の世界との関わり方に基づいて、動作が生まれます。

つまり、発想が変わらなければ、いつまで経っても、同じ動作を繰り返してしまうということが分かります。


  comment(0)
 

   2018年01月28日 カテゴリー : お店情報 

 

昨日は、PONOでの聞香の会がありました。

その三日前から喉や鼻の調子が悪く、香炉が回ってきても、香りを感じ取りにくくなっていることを実感しました。

三炷目のお香を聞いた瞬間に、目ではなく鼻が醒めたように、急に意識が広がり、身体もすっきりしました。

香りを感じやすくなってからは、どんどん身体が変わっていくことを実感できました。

嗅覚を介して脳に直接に働き掛ける、お香の効果に驚きました。

先に身体の緊張を弛めてから、軸が伸びたり、肚に落ちる香木を持ってきたりと組み立てを考えてくださっているという話を聞かせてくださいました。

施術で身体が変わっていく様子とも重なり、お香も使い方次第で、治療そのもののとなることを感じました。

私自身が香木のような香りを出すことは出来ませんが、聞香のときに身体に起きている感覚をイメージすることで、お客様の施術に活かしたいと思います。

今回もお香の心地良さを味わいながら、多くの体感を得られました。

Y先生、参加された皆様、今回もありがとうございました。

o


  comment(0)
 

   2018年01月24日 カテゴリー : 健康 

 

朝起きて伸びをすると、ふくらはぎがつってしまう、と言う相談を受けることがあります。
動きを見せて頂くと、つま先が倒れてすねの前側だけが伸び、足の後側はむしろ縮んでしまっているケースをよく見かけます。
つまり、頭では伸ばしているつもりでも、からだ全体でみると縮めてしまっていることになります。

自分がイメージしている動作と実際にからだに起こっている動きが一致していないということは、よくあります。
ストレッチやヨガも、緊張させたまま行うと、からだを柔らかくするどころか余計に固くなる場合もあります。
当店では、呼吸と共に弛んで伸びていく状態を体感して頂き、からだを伸び伸びと動かせるお手伝いをさせて頂きます。


  comment(0)
 

   2018年01月03日 カテゴリー : お店情報 

 

明けましておめでとうございます。

年末年始は、家族で実家や祖母の家を訪ね、楽しく休日を過ごせました。

明日から、通常通り営業します。

本年も、どうぞよろしくお願いします。

 


  comment(0)
 

   2017年12月24日 カテゴリー : お店情報 

 

昨日は、今年最後の聞香の会がありました。

個性豊かな香りを楽しみながら、身体が弛み、気持ち良く動けるようになることを感じられました。

参加者それぞれが感じたままに表現されながら、順番に香炉を回しました。

前回、香を聞いた後の体調の変化や、その日の夜に見た夢の話など、色々と興味深い話も聞けました。

香木の効用の素晴らしさだけでなく、「香を聞く」という行為に至るまでの様々な要素が良い方向に作用することで、そうした効果が表れるような気がします。

それは、最近、治療においても同じように感じることがあります。

こうして香木が活きるように焚いて頂き、じっくり身体の変化を味わえることを、とても贅沢だと思います。

今年、聞香の会に参加させて頂けたことは、私にとって物事に向き合う姿勢が変わる、大きな体験になりました。

Y先生、ご一緒させて頂いた皆様、本当にありがとうございました。

来年も、どうぞよろしくお願いします。

o


  comment(0)
 

   2017年12月20日 カテゴリー : お知らせ 

 

今年も残りわずかとなりました。

年末年始は、12月31日から1月3日まで、お休みを頂きます。

よろしくお願いします。


  comment(0)
 

   2017年12月20日 カテゴリー : 日記 

 

年末になると、普段以上に一日一日の貴重さを実感します。

きっと、年が明けるまでにという締め切りが明確だから、余計にそう感じるのでしょう。

やり残すことが無いように、日々を過ごしたいと思っています。


  comment(0)
 

   2017年11月27日 カテゴリー : お店情報 

 

先日は、PONOでの聞香の会がありました。

今回は、呼吸と共に香りを吸い、弛めて吸った香りを落としてから息を吐くことで、肚で聞くということが、実感できました。

白檀や伽羅などを聞き比べ、伝わる繊細さや沈む深みの違いを体験し、香りの奥深さを感じられました。

気持ち良く身体が弛んだり、細くなったり、頭がスッキリする様子を味わいました。

香の効果に加えて、明け方の湯たんぽの様な香炉の心地良さも手伝って、手や足の先まで温まりました。

同じ香を聞いても、メンバーのそれぞれで香りに対する反応や表現が違い、受け取り方の多様性を興味深く思いました。

鼻詰まりが通ったり、お腹が動き出したり、顔の血色が良くなったり、身体に現れる変化も様々であることを感じました。

聞香を通して、今回も多くの学びがありました。

Y先生、参加された皆様、ありがとうございました。

o


  comment(0)
 

Copyright(c) 2017 Active Body Therapy PONO All Rights Reserved.