Home » 合気 » 合気と感覚 その2
PONOブログ

   2019年08月27日 カテゴリー : 合気 

 

稽古で組み合うと、相手に技を掛けようとする欲が動作に表れます。
その途端に身体が緊張して動きが止まります。
そうしたときも、最初から相手に働き掛けようとするのでは無く、まず自分の身体の状態に目を向けます。
姿勢を正したり、肩の力を抜いたり、全体に意識を広げたりすることで、楽に技が掛かることを体験します。
合気では、自分の身体の状態が、相手に反映されて技になります。
したがって、技が掛からない原因は、相手ではなく、自分にあります。
稽古では、身体の緊張や重心の掛かり方、意識の広がり、心の持ちようなど、自分の現状を感じ取ることを重要視します。
緊張を感じられなければ力を抜くことが出来ず、意識が届いていない場所は認識することが出来ません。
自分の身体の感覚が及んでいる分だけ、相手の状態を感じられるようになります。

相手と向き合うことで感覚が磨かれるという点では、どのようなスポーツも同様だと思います。
ただ、スポーツには勝ち負けというハッキリした目標があるため、意識が外に向きやすいという側面があります。
合気の稽古でも技が掛かる、掛からないという結果は表れますが、それは目的ではありません。
技を掛けられる側も、力の通り道を作ってあげることが、自分の感覚の向上に繋がります。
稽古は、投げた投げられた、勝った負けたを競うものではなく、お互いが感覚を高め合っていく関係にあります。

何かの匂いに反応しても時間が経つと印象が薄れていくように、同じ刺激に対して感覚は順応して鈍くなります。
きれいに身体が繋がって動けたとしても、同じ経路を通そうとすると、感覚ではなく思考が先行して別の動きになります。
それと同様に、日々の行動も同じだと決めつけて同じことを繰り返していると、感覚が磨かれることはありません。
常に条件は変化しており、その違いを味わいながら、発想を固めずに取り組む姿勢が大切になります。
一つの原理から派生した枝は、どこから切り取っても幹に辿り着きます。
毎回、テーマや切り口を変えて、合気の稽古を付けてくださっています。




  comment(0)
 

   2019年08月23日 カテゴリー : 合気 

 

テレビをつけると、いくつものチャンネルで健康番組が放送されていることがあります。
本屋に行くと、体操やトレーニングの本だけでも、たくさんの種類があります。
情報が多すぎて、どれを信じたら良いのか分からないという話を聞くことがあります。

どんな健康法も、伝えている本人にとっては効果があったとしても、それが万人に当てはまるわけではありません。
一人一人、生まれ持った身体が違えば、生活の環境も違います。
そして、自分の身体も日々変化しています。
さらに、同じ運動を同じように教えられたからといって、同じ動きが出来ているとは限りません。
そうした一般化できないものを、形として伝えようとすると、どこかに無理が生じます。

各々に個性があっても、身体には共通する理に適った使い方があります。
合気の稽古では、そうした働きが自然に起こるような身体を目指します。
稽古を通して合気を掛けてもらう中で、様々な感覚を得られます。
腕を持たせてもらうと、脱力と共に緊張が溶けていったり、吸気と共に身体が包まれて浮き上がったり、伸びと共に力が駆け抜けたり、落下と共に突然に掴んでいる実感を見失ったりします。
微かに触れられるだけで、変化が全身に伝わってバランスが崩れたりします。
それは、単なる接触とは全くの別物です。
そのような現象が起こると言うことを実際に体感すると、新しい感覚や発想が呼び起こされ、それが自分の姿勢や動作を見直していく上での指針となります。
稽古で技を掛けるときも、形を真似するのでは無く、そうした体感を元に自分の身体の使い方や相手への力の伝わり方を検証します。


  comment(0)
 

   2019年08月18日 カテゴリー : 日記 

 

夏季休暇は実家に帰り、家族で海や川に出掛けたりしました。

先月、紹介したツバメは、もう自由に飛び回れるようになっていました。

巣立ちの時期も近いようです。

O


  comment(0)
 

   2019年08月03日 カテゴリー : 合気 

 

刀を振り上げるとき、丹田からの伸びを伝えることによって腕を上げていきます。
振り下ろすときは、力を抜いて重力による落下に任せ、刀に丹田の重みを乗せます。
待つときは、いつでも相手の中心に最速で刀を下ろせる状態で、刀を構えます。

丹田の動きが手に伝わるまでの間には、時間差があります。
したがって、手が動くより先に、丹田は手が向かう方向を知っていることになります。
そして、相手に向かう意識はそれよりも更に前から働いています。
相手が外見上の動きを認識したとき、すでに意識は通り、丹田の動きが始まっていることになります。
お互いの間の時間差が開いているほど、状況に応じて臨機応変に対応する余裕が生まれます。
相手が振り下ろした太刀筋を避けたり、隙が生じた点を狙ったり出来ます。
一瞬が勝敗を分けるであろう真剣勝負において、その差はとても大きなものだろうと想像できます。

楽しいことをしているときは時間の流れを早く感じ、退屈なときに遅く感じることは、誰しも経験します。
時間のペースはみんな平等だと考えられていますが、時間の感覚や流れへの乗り方は人によって違うように思います。
それは、その時々の心身の在り方に左右されます。
心身の緊張が弛み、丹田に落ち着いていると、いつでもどちらにでも動けます。
そうした余裕は、生活においても大切なのだと思います。
季節の移ろいも、人の行動も、心身の健康も、変化が外に表れる前に、そちらへと導く背景があるように感じます。
そうした動きを受け取り、臨機応変に対応できるバランスに居られるように、稽古を続けていきたいと思っています。


  comment(0)
 

   2019年08月02日 カテゴリー : お知らせ 

 

8月14日は休ませて頂きます。

それ以外の日は、通常通り営業しております。

よろしくお願いします。


  comment(0)
 

   2019年08月01日 カテゴリー : 合気 

 

剣術の稽古で、お互いに同じ構えを取り、相手が動き始めるのを見てから動いて競り勝つという技を学びます。
後から下ろした方が、相手の刀の上を取り、有利な立場になるということを不思議に感じていました。

稽古では、身体の様々な部位に意識を移しながら自分の姿勢や動作を観察します。
逆説的になりますが、「股関節を動かそう」とすると、股関節の動きが鈍くなります。
筋を収縮させて一方向に関節を動かすと、動作を続けるために、その筋肉を弛緩させる必要が生じます。
何か動作をするときには一つの関節だけで無く、たくさんの関節が多方向に連続して動きます。
つまり、動かそうとする場所が多いほど、動作を遂行するまでのロスが増えます。

さらに、どこかに意識が集中しているとき、全体としての連動が途切れ、視野が狭くなります。
合気の稽古では、丹田で動くというシンプルな方向を目指して身体を創っています。
股関節も動作の起点では無く、丹田から伝わる力の通り道になります。
全身に意識が行き届きながらも、丹田の動きが損なわれること無く伝わるバランスを目標としています。

丹田の動きは、関節から関節に伝わるのではなく、身体の内側を通っていきます。
動作が大きくても小さくても、早くてもゆっくりでも、自在に力を伝達するためには、繋がりの正確さが要求されます。
アニメのフレーム数が増えるとキャラクターの動きが滑らかに見えるように、末端までの経路を途切れることなく通す必要があります。
身体の動きは常に脳にフィードバックされており、動作の密度は感覚の繊細さと比例します。
同じ一秒でも、伝えられる変化の細やかさや、入ってくる情報の量には個人差があります。



  comment(0)
 

   2019年07月28日 カテゴリー : 聞香 

 

聞香の会(7/27)

聞香、第二回目。
台風の影響を懸念していましたが、無事通過し予定通り始めることができました。

部屋から見える夙川公園を見て、先生曰く、サギの巣があり10羽以上いるとか。

夙川公園に来られた際は見られるかも知れません。
マンションの上とか、空とか。
私は公園の中でサギと猫が一緒にいる姿をよく見ます!
冬にはカワセミもいるそうですよ。

そんな話をしながら、聞香スタートです。
今回は3番目です。
 

一香目と二香目はわりとしっかり目。だんだん慣らしていく感じの香りでした。

三香目はじんわり。ながーく聞けて身体が弛む。

四香目 ぐわ!としっかり香ってきました。

五香目 4香目と比べると香りの面では、ゆるやかなんですが、腹から呼吸が入って、聞けます。
鼻で聞こうとすると、香りを追ってしまいがちですが、腹で聞くと身体が反応します。

いつもながら、先生が選ぶ緩急が素敵過ぎます。
そして、この5香目があるので6香目の伽羅が効いてきます。
順番って大切ですね!

六香目は伽羅。うん!何も考えなくても、身体が勝手に吸ってくれます。

あっと言う間の時間。
身体が弛み、心も弛み幸せ。子供にも優しくなれます(笑)

普通の聞香では「あくび」などもっての他!なのでしょうけど、PONOでは、身体を弛め、身体に聞くのが目的なので、
一香目からあくびがでます(笑)

終わった後は、いつも「しばらく寝ていたい!」施術の後のような感覚です。

N


  comment(0)
 

   2019年07月19日 カテゴリー : 日記 

 

私の実家には、毎年ツバメが帰ってきます。

今年は、四羽の子ツバメが育っているようです。

みんな元気に巣立って欲しいものです。


  comment(0)
 

   2019年07月13日 カテゴリー : 合気 

 

合気では、自分の状態を相手に反映させて技を掛けます。
下から上に浮き上がっていく変化が伝わると、相手の身体が軽くなって浮きます。
投げたボールが頂点で落下していくように、自分の重みを落とすことで、落差を付けて相手のバランスを崩します。
そうした重心のコントロールには、呼吸が重要な役割を果たします。
息を吸うと浮いて軽くなり、吐くと沈んで重くなります。
呼吸に伴う浮き沈みを自由に伝えるためには、余分な力を抜く必要があります。
バランスの崩れや身体の緊張によって、呼吸に伴う浮きが止まったり、重力による落下が妨げられたりします。
浮かすことも落とすことも自在に出来る身体を目指して、合気の稽古をしています。

現代は、感覚は曖昧で当てにならない、数値化できるものが正確だ、という風潮があります。
けれども、一日を振り返ってみると、どれだけ私たちが数値化できない根拠を元に動いているかが分かります。
気分や好み、雰囲気や印象といった人それぞれの基準が、行動を決める上で大きなウェイトを占めています。
数字という概念自体が、人間が頭で作り出したものだということを考えれば、当たり前の話とも言えます。
きっと、数値として表される事物は現実のごく一部で、その向こう側には感覚でしか捉えられない世界が広がっているのでしょう。

体重計の数字も気になりますが、もっと大切なのは、自分の身体をどう感じているかだと思います。
自分の感覚を拠り所に、より楽に心地良く過ごせる方向を辿れば、自然に健康へ向かっていくものと考えます。
お客様から受け取る感覚を大事にしながら、施術に向き合っていきたいと思います。




  comment(0)
 

   2019年07月11日 カテゴリー : 合気 

 

合気の稽古では、色々と固定概念が変わる体験をします。
相手の身体に後ろから腕を回して抱え上げた所から、崩される技があります。
合気が掛かると、相手の身体が急に重くなったようで支えられなくなり、自分だけが転んでしまいます。
腕を掴まれていて、相手を重く感じ全く動かせないときもあれば、軽く動いただけで投げられるときもあります。
正座していて、相手に突かれて簡単に転んでしまうこともあれば、力一杯押されても安定した心持ちでいられるときもあります。

一瞬の間に体重は変わらないので、それらは数値化できる重さではなく、性質としての重さと言えます。
私たちは、そうした現象を、知らず知らずの内に体験しています。
抱っこしている赤ちゃんが眠りにつくと、重くなったように感じることがあります。
気持ちが落ち込んでいるときは体が重くなり、楽しいことをしているときは軽く感じます。
それらは決して気のせいではありません。
施術で腕や脚を持ち上げてみて、左右どちらかを重く感じるとき、多くは御本人の実感と一致します。
重さだけではなく、堅い・柔らかい、熱い・冷たい、暗い・明るい、といった感覚も同様です。
自分がどう感じるかは主観ですが、それは相手と共有できる客観性も持ち合わせています。



  comment(0)
 

Copyright(c) 2019 Active Body Therapy PONO All Rights Reserved.